記事一覧

ワキガになるのは不潔だから? いいえ、個別の化学反応です

ワキガ臭はこれらの3つの汗腺類が微妙に関係し合っています。その中心になるのがアポクリン汗。本来はアポクリン汗も無臭なのですが、そこに含まれる脂肪分やタンパク質が、皮膚にある細菌によって分解されると、強い腐敗臭を発するようになります。これに、皮脂腺からの皮脂が加わり、さらにニオイが強まります。そして、この「ニオイの元」がエクリン汗によって、ワキ全体に広げられ、ワキ毛にからまることで、ニオイが発散されます。これがワキガ臭の正体です。

さらに汗腺類からの分泌物と皮膚表面に住み着く細菌。これらが揃ってはじめて、ワキガのニオイを発するのです。「毎日お風呂に入っているのに肌に細菌なんて」と思われるかも知れませんが、この細菌は常在菌と呼ばれ、肌に付着した異物や雑菌を分解してくれる、言うなれば「肌の掃除屋さん」。私たちにとっては、なくてはならないものなのです。汗腺類も、それぞれに大切な役割を持っています。エリクン汗腺は塩分を含んだ汗を皮膚表面に分泌することで、肌を弱酸性に保ち、有害な雑菌から肌を保護しています。

皮脂腺から分泌される皮脂は、肌のうるおいを保つために欠かせません。ちゃんと有用な働きをしているこれらの組織も、そのハーモニー次第ではやっかいな症状として表れてしまうのです。ただし、これらの汗腺類は数も密度も、活動の活発度も大きな個人差があります。アポクリン汗の成分も人によって少しずつ違い、皮膚の常在菌の種類や数にも差があるのです。こうした個人差により、ニオイ・体臭は人それぞれに違うわけです。