記事一覧

ワキガは高い確率で遺伝します

「ワキガは体質である」という観点からもご想像いただけると思いますが、御両親がワキガ体質をお持ちの場合はあなたに、またはあなたがそうある場合は、お子さんに遺伝することも考えておいていただきたいと思います。ワキガは優性遺伝なので、両親ともワキガ体質の場合は80%、両親のうちどちらか片親だけなら50%の確率で遺伝します。もちろん理論上の数字なので、両親ともワキガ体質でも子供に受け継がれない場合もありますし、逆に両親とも違うのに、子供にあらわれるということもあります。

これは「ワキガ・多汗症」の症状が、食生活やストレスなどの生活環境に大きく関係しているからでもあります。医学的には根拠は乏しいのですが、「ガン家系」などいう言葉があるのは、生物学的な遺伝要素以外に、家族であるがゆえに生活習慣も似通っている傾向があるからでしょう。また、ワキガの原因になるアポクリン汗腺は性ホルモンの影響を強く受けますから、幼少期ではまだ活動を始めません。ですから、ワキガ体質が遺伝していたとしても、実際にワキガ臭を発生するかどうかは、小学生から思春期ぐらいにならないと判断がしにくいようです。

「うちの子も?」と思ったら、耳アカをチェックしてみましょう。あなたが既にワキガ体質であることがわかっており、「もしかしたら、わが子にもワキガ体質が遺伝しているのでは?」とご心配でしたら、耳アカを調べてみてください。いつもじっとり湿っているような耳アカならば、ワキガ体質である可能性が高いと言えます。ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺は、外耳道にもあります。そして、耳の中にはエクリン汗腺がない上に、性ホルモンに影響されないので、低年齢でも判断することができるのです。