記事一覧

ストレスが二オイを助長することも

長年の専業主婦だった女性が会社勤めを始めた途端、ワキガ臭が強くなりました。これは明らかに急激な環境の変化、職場での人間関係や仕事へのプレッシャーによるストレスが原因かと思われます。ひと度、「自分は臭っているのでは?」「周囲は不快に思っているのでは?」と気になると、それ自体も大きなストレスとなり、さらに発汗を促すことでますますワキガ臭を強くしている。そんな悪循環に陥ったようでした。

現代人は様々なストレスに栖されています。会社や学校、地域社会での人間関係はますます複雑になり、昨今の構造的な不況が追い打ちをかけ、今や老若男女を問わず、ストレスに無縁の人はいないと言っても過言ではないかもしれません。ストレス状態が続いていくと、やがてその影響が体調にあらわれることはよく知られています。胃の痛み(潰瘍)や食欲不振、あるいは過食、肌荒れや髪の傷みなどの美容面に影響することもあります。もちろん、ニオイとも密接な関係にあります。

私たちの体は強いストレスを感じると、体内のホルモンバランスを崩すことがあり、これが体臭に影響をもたらすことがあるのです。ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺は、特に性的興奮や緊張によって多くの汗を分泌することが分かっています。よって、ストレスで体内ホルモンのバランスが乱されると、結果的に発汗が促されて、ニオイが強くなることもあるのです。

また、ストレスはエクリン汗腺からの汗も促します。結婚式でのスピーチや大きな会議での発表など、いつもより汗をかく経験はみなさんおありだと思います。先述したように、大量の汗はエクリン汗であっても、こオイを助長する原因になり得ます。「ワキガ・多汗症」に対してだけではなく、ストレスは溜め込まず、上手に発散する方法を見つけることが大切です。