記事一覧

食生活の工夫でワキガ臭の軽減も

食べた物が、からだを作る。あたりまえのことではあるのですが、意外と見過ごされがちなのが現実です。ダイエットと称して、夕食をスナック菓子やアイスクリームで済ます若い女性や、昨今の不況の影響もあって、昼食メニューのローテーションが、カップ麺、牛丼、ファーストフードといったサラリーマンの話も耳にします。手軽さや目先のバラエティーと引き替えに、あまりにも栄養バランスを考えてない食生活が多いように思われます。偏った食生活は、メタポリックシンドロームを皮切りに、生活習慣病を招く大きな要因でもあるのは広く知られるところですが、ワキガや多汗症を助長している面も否定できません。

摂りすぎに注意すべき食品の筆頭に上がるのが”肉類”です。肉類には動物性脂肪、脂肪酸、中性脂肪などがたっぷり含まれています。これらの脂肪成分を多く摂ると、汗腺類が活発に刺激され、結果として汗やニオイを強くしがちです。次に注意したいのが”乳製品”。チーズやバター、生クリームなどを多用した、ケーキやデザート類も汗腺類を活性化します。さほど大食ではない女性でも「ケーキは別腹」というのはよくある話で、毎日デザートを食べていたのでは、ニオイの予防だけでなく、美容面でも好ましい結果は得られないでしょう。さらに注意したいのが揚げ物や香辛料を使ったスパイシーな料理です。

特にファーストフードやコンビニなどの出来合いのお惣菜は、抽の劣化を防ぐために、脂肪酸を多く含んだ油が使われているケースがまだ多いようです。また唐辛子をはじめとする発汗作用を促進する香辛料も、日常的に多用していると、ますます「ワキガ・多汗症」を助長します。最近は、マヨネーズやタバスコを携帯して何にでもかけて食べる若い人が増えているとか。味覚障害の原因にもなっているという報告がありますが、ワキガの悩みにも少なからず影響しているに違いありません。一方で、緑黄色野菜に含まれるビタミンAや、胚芽・ゴマに含まれるビタミンEなどは皮膚の新陳代謝を促進して、ワキガ臭のもとになる過酸化脂質の発生を抑えるとされているので、積極的に摂取したい食品と言えます。

日本人が欧米人に比べてワキガ体質の人が少なかったのも、先に述べた体臭が発生するメカニズムだけでなく、食生活の内容も大きく影響していたものと思われます。しかし、食生活の欧米化が急速に進む中、ワキガ体質の方も次第に増えてくる傾向にあることは想像に難くありません。食事は毎日の積み重ねです。週3回の揚げ物を2回にして副菜を多めに。デザートは週末に。回数を減らせないのなら脂肪分の少ない和風スイーツにするなど、できるところから少しずつ改善してみることをおすすめします。