記事一覧

不安ばかり抱いていると、神経症にもなりかねません

「自己臭症」とは、「体臭恐怖症」とも呼ばれる「対人恐怖症」の一種で、「神経症」に分類される、れっきとした病気です。自分のある特徴が「他人を不快にしているのではないか?」と不安になり、人に接するのが怖くなるのが「対人恐怖症」です。この不安が自分の体臭に向き、「臭うかもしれない」から「臭うに違いない」「嫌われている」と断定してしまうのが「自己臭症」です。

実際は気にするほどではないのに、自分はひどく臭いと思い込んで、人と会うことさえ避けるようになります。やがて、家族や友人が何を言おうと耳を貸さず、自分を追い詰めて症状を悪化させてしまいます。また逆に、体のこオイを徹底的に消し去ろうと躍起になるケースもあります。人間が生きている限り、無臭ということはあり得ません。しかし、「自己臭症」になってしまうと、わずかな汗ばんだ髪や軽い食事をとった後の口の匂いまでが許せなくなってしまうのです。

ワキガや多汗症の治療は、強すぎるニオイや汗を通常レベルに引き下げるためのもので、どんなに高度な治療を行っても、「体のニオイを完全に消し去ること」は、不可能なのです。ですが、そんな状況に陥っている方にこそ、一刻も早くクリニックに行ってカウンセリングを受けて頂きたいのです。「臭うかもしれない症候群」も「自己臭症」も、症状がエスカレートした場合、日常生活に影響をきたす事態になりかねません。そうなる前に、早めに専門医にご相談いただきたいと思います。