記事一覧

まずはあなたの「ワキ汗・ワキ臭チェック」から

自分のニオイを疑っている人にとっては「臭うかもしれない症候群」という言葉が生まれるほど、余計に心配が募るのですね。そこで、自分でもある程度の診断ができるチェック表を紹介します。肩の力を抜いて、それぞれの項目に「はい」「どちらとも言えない」「いいえ」のうち、あてはまるものに○をつけてみてください。

●冬でも汗をかくことが多い
●耳アカがいつも湿っている
●毛深い
●脂性である
●肉類や油っこい食べ物が好き
●お酒が好き
●緊張したり興奮したりすると、すぐに汗ばむ
●ストレスをためやすい
●衣類のワキの下に汗ジミがよくできる
●靴や靴下が臭う
●家族にワキガ体質の人がいる
●自分で自分のニオイがわかる
●他人からこオイを指摘されたことがある

「はい」は2点、「どちらとも言えない」は1点、「いいえ」は0点として集計します。

●18点以上 ワキガ体質の可能性大
かなり強いニオイがあっても不思議ではない状況で、あなたが気づいていなくても、ワキガ体質であることが疑われ、周囲の人の多くは何らかの不快な思いをした可能性があります。あなたの性格やお仕事、生活環境などにもよりますが、気になる方は早めに専門医に相談し、必要ならば治療を受けた方がいいでしょう。

●14~17点 ワキガ体質の可能性あり
中程度のワキガ体質が疑われます。時として強いニオイを発しているかもしれません。汗をかいたらこまめに拭くなどのセルフケアに気をつけていても、限界があります。脂っこい食事やたくさんのお酒を飲まれる方、ストレスの多い方など、食事内容や生活習慣によっては、今後さらに症状が悪化することも考えられます。一度カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

●8~13点 ワキガ予備軍
現時点ではあまり心配はないと思われますが、あえて言えば、「ワキガ予備軍」と位置づけることもできます。油断をしないほうがいいでしょう。お酒の飲み過ぎや脂っこい食事のとりすぎなど食生活に注意しておくことは、ワキガ以外の健康管理においても損はありませんね。日頃から清潔に保つなどのセルフケアを心がけて、ワキ臭を悪化させない生活をされることをおすすめします。「それでも心配」な方は、もちろんカウンセリングを受けてみるのもよいでしょう。

●7点以下 ノー・プロブレム!
ワキガ・多汗症である確率はかなり低く、まず問題はありません。ニオイが気になることがあるとしたら、単なる汗臭さか、あるいは「臭うかもしれない症候群」。つまり、取り越し苦労だと思われます。あなた本来の明るさ、積極性をとりもどしてください。

以上は大まかな診断です。あくまで自己診断による目安ですから、点数が高いからといって、必ず「ワキガ体質である」と断定することはできません。参考資料としてお考えください。