記事一覧

「超音波治療」を受ける場合の手順とは?

繰り返しになりますが、まずはカウンセリングを受けていただきます。「ワキガ・多汗症」の治療では、カウンセリングは手術と同じくらい大切なことと考えているからです。次に、自分自身で手術を受けるかどうかを決断していただきます。もちろん、その場で決める必要はありません。家に帰って、じっくり考えていただいて構いません。家族や恋人、親友に相談するのもいいでしょう。そうして手術を決断されたら、後日、手術の日を予約していただきます。手順はそれだけですが、あくまでも患者さんご本人が納得のうえで、治療を行います。基本的に「超音波治療」では、カウンセリングと手術の日、合計二回クリニックに来て頂くだけで治療は終了します。

ただし、お仕事の都合やお住まいの関係で、「一日で済ませたい」という方には、カウンセリングから施術までを、一日で終えるスケジュールを組むことも可能です。その場合、カウンセリングで「やっぱり手術を見合わせたい」という場合でも、キャンセル料などは一切発生しません。そして、手術の後はすぐに日常生活に戻れます。『超音波治療』は、手術によるダメージが極めて少なく、術後の回復が早いため、入院の必要はありません。術後すぐは、お酒や刺激の強い食べ物を控え、激しい運動を避けるといった予防接種程度の簡単な注意事項はありますが、それさえ守っていただければ通院の必要もありません。

もちろん、手術の翌日から仕事をすることもできます。ですから、手術に伴う日常生活への支障はほとんどなく、手術を受けたことを戦場や学校の仲間に知られることもありまワキ汗・ウキ臭の治療法とは? 以上のように、入院も通院も必要もなく、一度か二度の来院で済むのが超音波治療です。従来の手術では、数日の入院と通院が余儀なくされますから、この治療法がいかに手軽であるかがおわかりいただけると思います。ただし、非常に稀なケースですが、中には超音波治療が適さない患者さんがいらっしやいます。人間の体、殊にワキの皮下組織は個人差が大きく、汗腺類の硬度や分布範囲などから、超音波治療が適さないケースもあるからです。